カラコンデメリット

いろいろなシーンで大活躍のカラコンですが、使用する際にはやはりデメリットもあります。むしろデメリットと言うよりも、使い方次第ではデメリットになると言ったほうがいいかもしれません。カラコンは、直接眼に装着するものなので、取説を見ながらお手入れを十分にし、また定期的に実際の眼の状態を検診などで把握しておきましょう。

コンタクトレンズは、一般に酸素透過率が高いもの、レンズ内に色素が内包されていて、露出していないものが良く、インターネットなどの購入品は、やはり粗悪品が多いので注意が必要です。安いだけでなく、着色料が直接眼につかないよう工夫されているものや、乾きにくいものなど、製品をよく確かめて購入することが大事です。カラコンによる病的症状としては、角膜炎、角膜びらん、結膜炎などが多く、最悪の場合は失明に至ってしまったケースもあります。

その原因として、不明な場合も多くありますが、わかっている範囲では、お手入れ不足や長時間の使用、就寝時の使用、さらに違和感がありながらも使用し続けた場合などです。対応としては、やはり取説をよく読み、その通り実行するのが一番ですが、過信しすぎたり、使用しすぎも注意が必要です。そして、時々は目を十分に休めることは最も重要なポイントです。