流行りのカラコン

以前のカラコンと言うのは、いかにも外国人を意識したような、装着しているのがよくわかるようなものが多く、ある意味不自然とも言えるようなものでした。どちらかと言うと、ファッションと言うよりも衣装的なもので、主にプロのモデルや芸能人などが使っていました。最近では、一般的なおしゃれとして、とても自然な状態に近く、色合いによっては、装着しているのもわからないくらいになっています。

それだけに普及率も高く、以前は一部の流行に敏感な女性たちがほとんどだったのに対し、今では女子高生あたりから30代くらいまでの女性が日常において、普通に使うようになりました。カラーや虹彩模様、フチあり、フチなしなど、種類も豊富で、洋服並みに気軽に選べます。

その上、以前はカラコンと言えば、度なしだったのが、今は度付きも多くなりました。あまりお勧めしませんが、メガネの代わりに使用しかねない状況にもなってきています。なお、選ぶ際に必要なBCと言われるレンズのカーブ度合も人によって違いがありますので、できれば使用する前に、眼科で診てもらったほうがよいでしょう。カラコンも時代とともに、どんどん進化してきて、これからはさらに多くの人たちに愛用されるようになっていくのかもしれません。